# 仕事における勤怠管理の重要性

仕事をしている上で、勤怠管理は欠かせないものとなっていることでしょう。時給制の人はともかく、月給制の人も残業をどのくらいしたかどうか、何時から勤務しているかどうかなどの毎日の就業時間を管理することは、もはや当たり前かもしれません。昔は手書きでタイムシートを提出したこともありました。その後はタイムカードを機械に通して時間を打刻するものとなり、今はパソコン上で管理することがほとんどではないでしょうか。パソコンで会社ごとに管理ツールなどを作っており、それに自分で始業時間と就業時間を入れ、月の終わりに送信ボタンを押すだけで自動的に集計されるという便利な仕組みです。最近ではパソコンのログイン、ログアウト時間もそのツールに組み込まれており、自分の入力時間とパソコンとの時間が大幅に異なる場合はエラーが出るなど、とても正確になっているのです。

紙のタイムカードからITへと進化する勤怠管理

かつては出社時間を記録する勤怠管理も、紙のタイムカードに時間だけを記録する実にシンプルな製品が一般的でありました。しかし現在では更に、様々な機能が付加されています。例えばタイムカードで打刻を致しますと、その従業員のスケジュールデータとリンクして、当日の予定されている項目が案内される製品もあります。また、更に高度な製品となりますと、完全にパソコンやサーバーなどのITシステムの中に組み込まれ、勤怠管理の全ての情報が社内ネットワークにて有効に活用されるようになっています。これはネットワーク上の会計システムともリンクしていますから、昔のように転記ミスなどの発生を抑え、より効率的に管理できるようになっています。また、勤怠管理がITとして管理されている場合は、従業員の労働的負担率の把握の支援機能もあり、より生産性のある事業活動を可能とする役割もあります。

勤怠管理の新しいシステム

従来の勤怠管理はタイムカードを用いて行うのが一般的でした。しかし、カードを集計し、そのひとつひとつをチェックするのは大変な作業です。つまり勤怠管理を行うために余計な人件費を上乗せしていたのが実情でした。そこで注目を集めるようになったのがICタイムレコーダーです。これはカードに打刻する従来のものとは違い、従業員が携帯するICカードを機械にかざすことで時間が記録されます。これを使用するとパソコンへ自動的に情報が送られ、あらかじめ設定されている一覧表にデータがまとめられるようになっています。これならばデータの集計に多くの時間を費やさなくてもすみます。また、タイムカードの台紙を購入する必要もなくなるのでそれだけ経費削減にもつながるのです。一方、ICタイムレコーダー導入の費用は従業員ひとりにつき数百円程度です。仮にひとり300円で従業員100人とすれば月3万円ということになります。従来の勤怠管理の手間を考えれば非常にリーズナブルと言えるでしょう。

ネクストタイムカードは月々の利用料金以上に御社の業務改善に貢献します。どの勤怠管理ツールよりも使いやすいネクストタイムなら、最速本日から導入可能です。業界最安値1アカウント200円。最低必要アカウント数もないので、一人からでも始められます。普段どれだけ働いているか計算したことはありますか?ネクストタイムカードの管理画面から、出退勤状況をひと目で確認することができます。