# 勤怠管理の仕方について

勤怠管理というのは、会社員が会社に出社してタイムカードを打刻して出勤しているかどうかをチェックすることとされています。誰が休んでいるのか、誰が出社してきたのかを確認するのは、個々の社員が出社時にタイムカードを打刻しているかどうかで決まるのが一般論となっています。また、とある工場の場合、出勤したかどうかをチェックするのに「その日の体調がどうか」をチェックできる色の付いた紙を写真に貼るシステムを採用しているそうです。工場での勤務の場合、危険なだけでなくて有害物質を取り扱うことがよくあります。有害物質は、保護具等を着用していれば多少は大丈夫かもしれませんが、それでも体調に少なからず影響は出るかもしれません。「今日は、Aさんは『体調は良好』なので青です」だとか、「Bさんは『体調が悪い』から、赤となっています」と管理者が目視で確認をします。タイムカードに打刻するやり方ではなくて、けっこうシンプルだと思います。ただ、大抵の企業では社員等にIDカードを持たせて勤怠管理を行っています。コンピューターで管理をすれば直ぐにでも「ああ、今日はCさんは休んでいますね」ということをチェックすることができるようになります。また、会社によっては「弊社では、タイムカードは無くて朝の点呼で従業員の出欠を確認しています」という会社も在ります。大手企業でも少数ながらこのシステムを採用している所が在ったりと、勤怠管理は会社によっては千差万別とされています。

PCとインターネットを使った勤怠管理について。

この記事は、PCとインターネットを利用して勤怠を管理することの、良い面と注意する面について書かれております。さて、勤怠管理といえば、現在でも出退勤を管理するタイムカード式が主でして、この方法ですと、実際の業務については、その成果であったり、上司や同僚といった、他人の目が必要でした。しかし、職場にPCとインターネットをご利用の環境があれば、タイムカード式よりもはるかに高度な勤怠管理を行うことが出来ます。これらの方式をご利用されることで、たとえば、コストや人件費の削減に加えて、事務作業の自動化などが行えます。自動化といえば、ひと昔前ですと細やかな制御が出来なかったのですが、現在ではそういったことも少なくなってきています。但し、この方式をご利用される注意点として、昔からある人と人との繋がりや、意気に応じるといった、日本人特有の良い面を消さないようにすることが大事になると思われます。自動化の良い面は良い面として、しっかりと恩恵を受け、今までの良い面は消さないようにする。これが、職場を巧くまわしていくひとつの方法ではないかと存じます。

タイムカードによる勤怠管理とその問題点について

勤怠管理とは、従業員ひとりひとりの出勤時間や退勤時間、欠勤日あるいは残業状況を把握して適切な勤務時間を確保できているか管理することを言います。会社によってはICカードですべてを一括して管理している所もありますが、まだまだ一般的にはタイムカードによる管理が中心となっています。バイトやパートの場合だとタイムカードで記録された勤務時間の内、15分以下の端数を切り捨てて計算する会社が多くみられます。端数がない方が給与計算が容易だからです。ところがこの方式によってひとつの弊害が生まれます。切り捨てられるとその分、時給が減るわけですから働いた時間が損だと考える従業員が出てきます。そうすると10分余分に働いた従業員は5分間、時間を潰して時給を切り捨てられないようにし始めるのです。これでは仕事の効率が落ち、勤怠管理としては本末転倒です。確かに時給を端数まで計算するのは大変ですが、最近ではパソコンと連動して自動計算を行えるタイムカードも発売されています。それらを導入して正確な時給計算をすることがより効率的な管理につながるのではないでしょうか。