# 勤怠管理をシステム化してみよう

従業員がどれぐらいの時間働いているのかは、とても重要なことです。残業代の支払いにも関係してくるので、毎月しっかり行わなければいけません。しかし、この勤怠管理において、タイムカードを見ながら手動入力していては大変です。現在ではデータを出力してくれるタイムカード打刻機もあるから、一度導入を検討してみましょう。大掛かりな情報システムを導入するのは困難ですが、タイムカード打刻機1台なら大きな負担になりません。あとはパソコンとつなぐだけで、勤怠管理の工程を短縮することが可能です。すでに情報システムを導入している会社であれば、勤怠管理のプログラムを追加することで対応できます。また、リアルタイムで従業員の動向を把握することで、業務の振り分けの最適化なども行えます。社内の問題点が顕在化するから、早めにフォローできるのです。

勤怠管理の仕方について

労働者を守るため、労働基準法というものがあります。休日をしっかり取っているか、残業代はきっちりと支払われているか、不当な深夜残業がなされていないか。会社側としては、決していい加減に出来ない事柄です。特に店舗のある企業では、店長が社員に対して勤怠管理をきっちりとしなければなりません。管理の仕方は様々だと思いますが、要は終業後速やかに帰らせる。休みはきっちりと休んでいただくという習慣をつけることが大切です。日頃より、朝礼と終礼を確実に行い、今日は何時で終業するのかということを事前に確認すれば、無駄な残業も防ぐことが出来るでしょう。また、勤怠の報告についても、責任者が時計を見、自ら配下に対して声をかけていかないと、なかなか社員のほうからは言いにくいことであると思います。特に新入社員や女性社員へはそういった気遣いが必要でしょう。

勤怠管理を行う方法について

最近ではどこの企業であっても、専用のオンラインシステムで勤怠管理を行うようになってきています。そうすることによって、ミスのない処理を行うことが可能となるのです。中にはパソコンの稼働時間と連動させているようなところもあります。パソコンと連動をさせることによって、虚偽申請を避けることが出来るようになってくるのです。また勤怠管理を直接給与計算に結び付けている企業も多く、給与計算も間違いなく行うことができるようになってきているのです。様々な工夫をすることによって、無駄を省くことが出来るようになってきているのです。残業をする際には事前に申請をするというような規則を設けているところもあるので、その規則にしたがって対応をしなければいけないということもあります。それでも専用のシステムであれば申請も行いやすくなるのです。