# 勤怠管理システムで作業効率を上げる

勤怠管理にコンピューターシステムを導入することで、作業を大幅に削減することができます。タイムレコーダーを使用しているケースでは、出社、退社の時間から勤務時間を計算したり、残業部分を把握するのも手作業となります。しかし、コンピューターを利用した勤怠管理システムでは、そのような計算を自動で行うことが可能です。また、紙に印字するタイプでは、後から書き換えることが可能で、偽造なども危惧されますが、それもコンピューター管理にすることで防ぐことができます。役職などによる報酬の違いも、あらかじめインプットすることで簡単に給料計算などもできます。コンピューターシステムでの勤怠管理では、磁気カードやICカードなどを使用します。社員証と兼用になっているものなどもあります。会社の規模や社員の人数などに合わせてシステムを考えるとよいでしょう。

タイムカードでの勤怠管理の抜け穴

会社での勤怠管理の方法は様々あります。一般的なものでいえば、タイムカードを使った管理をしているところが多いと思います。わたしが今まで行った会社のほとんどはタイムカードでの管理をしていました。ところが、それには抜け穴もあり、代打ができる点が問題視されています。実際に私がいた会社でも、事務員が販売員のタイムカードを代打で定時に打ち、販売員はその後も働き続けるということが当たり前のように横行していました。そういった労基法対策の行為は撲滅されるべきだと思っています。逆に、今いる会社では社員それぞれがカードを持っており、そのカードをカードリーダーにかざす事で勤怠のチェックをしています。カードは入室時のパスポート代りにもなっているため、それを他人に渡すことはできません。渡してしまうと自身が会社に入室できなくなってしまうからです。そういった方法での管理が、サービス残業をなくす1番の方法なのではないかと思います。

ITを利用した勤怠管理は企業に大きく貢献

現在は企業における勤怠管理にも様々なITソリューションが導入されていますので、古くからスタンダードであった紙媒体による時刻の刻印方法も、急激に減っていると言えます。その方法はパソコンを用いて、記録データは随時社内ネットワークに蓄積されていきます。そのデータは給与など会計処理に適用されることは当然、それ以外にも大きく活用されています。従来の方法では発見でき難い勤務形態のバランスを掴むことができるおかげで、残業などの偏った業務負担の解消にも利用されるようになっています。ITによって管理される勤怠管理は、単なる経理的データから、企業の生産性とその効率化を促す重要なデータへと躍進したと言えます。また、その時刻の入力にはICカードなどの他、本人の手などのスキャンで行われるケースもありますので、より本人を確定して記録できるようになっています。