富山で介護士を仕事に就くために必要なこと

介護士は、要介護認定を受けた方の入浴や排泄などの身体介護や家事などの生活援助をメインに行ないます。
富山に限らずこれを職業としたい場合には、福祉系の大学もしくは養成施設を卒業する方法と実務経験を積みながら資格を取得する方法があります。
高齢化社会が進む現代では、老人ホームなどの施設や訪問介護事業所などの普及はしているものの、まだまだ人手不足が続いているのが現状です。
そのため、どこの施設や事業所などでも、介護に携わる求人募集が絶えず実施されており、ほかの業種に比べて就職先や転職先が見つけ易いのが特徴です。
どうしてもキツイや暗い、汚いなどのイメージを持たれがちな職業でもありますが、高齢者の方やその家族にありがとうと感謝されるやりがいのある仕事です。

介護職員初任者研修を受講することからスタート

介護士として要介護認定された高齢者の方に役立ちたいと考えている方は、まずは介護職員初任者研修を受講することから始めます。
この研修は130時間のカリキュラムを最短で約1ヶ月で修了でき、比較的容易なためどなたにも挑戦し易い研修です。
初任者研修修了者となりヘルパーとして働きながら、次の介護職員実務者研修を受講することで、より多くの知識と技術を身につけられるほか、医療ケアについても学ぶことができます。
初任者研修に比べて長い時間がかかりますが、修了者となれば独自の判断で介護業務をこなすことができます。
3年以上の実務経験後には介護業界唯一の国家資格の介護福祉士や5年以上の経験で最高峰の介護支援専門員の受験資格を得ることができます。
いずれも幅広い知識を必要とする難易度の高い試験ですが、合格することでよりやりがいのある仕事が実現します。

キャリアを目指すには受験勉強も必須

介護福祉士や介護支援専門員の試験に合格するには、より多くの知識が必要となりますので、それなりの受験勉強が必要です。
先輩からのアドバイスなどの情報も大切ですが、実務経験だけでは習得できないこともあるため、効率的に勉強するには、独学よりも自分のライフスタイルにあった講座を受講するのが最適です。
講座には、直接講師から学べる通学タイプの講座や空き時間を利用して自宅で学べる通信講座があり、いずれも数ヶ月の長期と試験直前の数週間という短期がありますので自分に合った講座が選べます。
見事合格すれば、介護福祉士の場合には介護のプロとして認められ訪問介護事業所のマネージャーやサービス提供責任者として活躍ができます。
介護支援専門員の場合には、要介護者のケアプランの作成を中心に施設の核としての仕事が任されるほか、富山市内で独立して訪問介護事業所を開設できるのが魅力です。