介護施設などで富山の介護士として仕事に就きたい方必見

富山市内にも要介護認定を受けた高齢者のための老人ホームなどの施設や訪問介護を行なっている事業所も点在しています。
どこの施設や事業所でも高齢者の方の身体介護や生活援助を行なう人材不足なため、常に求人募集を行なっていることでしょう。
そのため、介護士資格をお持ちであれば正社員として就職先や転職先を見つけ易いと言えます。
施設によっては、パートやアルバイトの雇用形態で、経験や資格の有無に関わらず求人募集も行なっていますので、子育て中の主婦の方や学生の方でも働くことができます。
介護の仕事をお探しの方は、求人情報をしっかりと確認し資格支援制度のある職場を見つければ、無資格の方でも働きながら資格の取得ができるのが魅力です。
また、パートなどの雇用形態で既に働いている方も資格を取得すれば、時給のアップや正社員への転換に期待できます。

介護職員初任者研修を修了することが大切

介護業界は、医療業界や福祉業界に並んで資格の多く資格業界とも呼ばれています。
どの業界でも同様ですが、保有している資格によって活躍の場も大きく異なるのも特徴です。
介護士として活躍するには、高校卒業後に福祉系の大学や養成スクールなどを卒業することで介護福祉士の資格が取得できます。
このほかには、介護職のスタートとなる介護職員初任者研修を受講し、実務経験を積みステップアップしながら資格を取得する方法があります。
初任者研修修了者となれば、訪問介護事業所に登録しヘルパーとして高齢者の方の自宅に伺って介護業務を行なう訪問介護ができます。
ヘルパーとして働きながら、次のステップとなる介護職員実務者研修を受講することで、一般的な介護業務に加え、医療ケアも学ぶことができます。

キャリアを目指せる介護士

実務者研修修了者は、通常の介護業務をこなしながら3年以上の実務経験で介護業界唯一の国家資格の介護福祉士、5年以上の実務経験で介護支援専門員になるための受験資格を獲得できます。
このふたつの試験は、実務経験だけでは習得できない幅広い分野での知識が必要となるため、しっかりと受験勉強することが必要です。
試験に対応した書籍もあり独学でも受験は可能ですが、より効率的な受験勉強にはそれぞれの講座を受講することが望ましいです。
富山市内で講座を実施しているスクールに通うことや時間的な制約のある方は通信タイプの講座など自分のライフスタイルに合った講座を選ぶことがお勧めです。
受験に合格し介護福祉士になれば、サービス提供責任者や事業所のマネージャー、ほかのスタッフの指導など責任とやりがいのある仕事ができます。
介護支援専門員は、通常の介護業務のエキスパートとしてはもちろん、要介護認定者のケアプランを利用者とその家族と相談して作成する仕事ができ、独立して訪問介護事業所の開業も実現できます。